かなでと申します。松山ケンイチとオリジナル小説のブログです。要するに日々の萌えについて綴ってます。メールはkenkenken10305あっとまーくyahoo.co.jpまでお気軽にどーぞ☆


by sora10305
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:言葉に萌える( 3 )

芥川賞
磯崎憲一郎さん「終の住処」

直木賞
北村薫さん「鷺と雪」


おめでとうございますーーー\(^口^)/
詳細はここから

芥川賞講評の記事全文はここから

芥川賞選考委員の山田詠美さんのお言葉↓

「インテリジェンスだけで押しているとか、どうせ私的に文章を構築し、ここまでやるならもっと具体的なものを出してほしいとの声もあり、賛否両論あった。だが、小説としてちゃんと言葉を構築している。時間軸も考えた、小説としての小説だった。時間軸を自分のリアルタイムの時間ではなく小説的にたくらんでいるところに評価が集まった。小説でしかありえない言葉があった」

 「経験とか立場とかもありますけど、文学というものを確信している。そこに誠実なものを感じたんだと思う。(昨年第139回の候補作となった)『眼と太陽』は題名もいいし、印象も強烈だったが、今回は自分の世界を言葉の中でかたちづくったので芥川賞にふさわしかった」


「小説としての小説」
「小説でしかありえない言葉があった」

いいですねー、小説至上主義というか、絶対音楽ならぬ絶対小説というか、そういう雰囲気を
感じ取れる講評じゃないですか。

「終の住処」、話題がホットなうちに絶対読もう!そしてなんか、ここで語ります。

磯崎さんって会社員なんですね。仕事していて小説も書いて・・・って、本当に凄いと思います。
私も会社員なので、実感を伴って、そう思います。会社勤めって、自由になる時間が割と少ない
のに、どうやって小説を書く時間を作り、書くための労力を蓄えているのでしょう?
心底、尊敬します。

・・・それにしても、今年はベテランの方が受賞されたので、なんだかホッとしました。
若い方がダメとかそういうことを言っているわけではないのですが、
芥川賞の候補が美女ぞろいだとか、ニュースで取り上げられるような状況だと
なんだかなーーー・・・と思ってしまうではないですか。。。

「小説でしかありえない言葉」
なんてものを書けるようになるには、やはりある程度、経験が必要なのかな、と。
[PR]
by sora10305 | 2009-07-15 22:37 | 言葉に萌える

MWをめぐる言葉集

最近、ブログペットを飼い始めました。画面右端の下のほうにいます。ペンギンの「けんちゃん」です。
どうぞよろしくお願いします。この子はブログを読んで言葉を覚えるらしいです。
クリックすると、覚えた言葉をしゃべります。例えば「方言?」とか言ってきます(笑)
ぜひ、ぺたぺたしてやってください。
このブログペットのおかげで、お客様のご来訪数や、
お客様が当ブログ「くらいど」にたどり着くのに、どんな検索ワードを使って下さったか、などを知ることができます。
今のところ検索ワードの中でいちばん多いのは「MW」と「感想」です。みなさん、映画『MW』に興味深深なんですね。「松山ケンイチ」がその次です。ちょっと悲しいぞ。
さてさて、これから、MWにまつわる面白検索ワードを紹介していきますよ。
これ、ホント笑えますから。。。是非「ここから入ってね」をクリックして続きを読んでみてください。

ここから入ってね
[PR]
by sora10305 | 2009-07-11 00:17 | 言葉に萌える

ライターと私

かなでの「言葉萌え」を綴っていきます。

ランキングにも参加中です。
よかったらぽちっとお願いします↓
人気ブログランキングへ

カテゴリ「言葉に萌える」では、小説・映画から街角で見かけた言葉まで、
私的に萌えた言葉を引っ張ってきて語ります。

今は村上春樹さんの『ねじまき鳥クロニクル』にはまってるので、
しばらくはそっからの引用が多いかもです。

なに、戯言を。意味不明・・・。くらいのノリで眺めてくだされば幸いです。

本文はここから
[PR]
by sora10305 | 2009-06-23 01:07 | 言葉に萌える