かなでと申します。松山ケンイチとオリジナル小説のブログです。要するに日々の萌えについて綴ってます。メールはkenkenken10305あっとまーくyahoo.co.jpまでお気軽にどーぞ☆


by sora10305
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カムイ外伝の主題歌が決まったらしい。

映画『カムイ外伝』の主題歌が決定したって・・・
あの、ヘンデルの名曲「私を泣かせてください」をアレンジするって?
続きを見れば、原曲も聴けますよ。




松山ケンイチ主演「カムイ外伝」に、倖田來未が主題歌を提供

白土三平原作の人気コミックを松山ケンイチ主演で実写映画化した「カムイ外伝」(崔洋一監督。9月19日公開)。その主題歌に倖田來未の「Alive」が決定したことが、6月25日、配給の松竹から発表された。

「Alive」は、「音楽の母」ヘンデルによる歌劇「リナルド」の中のアリア「私を泣かせてください」に、倖田が日本語歌詞を付け、「レッドクリフ」の岩代太郎がアレンジした曲。

今回の発表に際して崔監督は、「原曲であるヘンデルの『私を泣かせてください』は私が愛する曲の1つです。猛暑の沖縄で深夜に撮影している時、ふと、『カムイ外伝』にこういう世界もありえるかもしれないと思い、プロデューサーに聴かせたものでした。岩代さんが書き足し、倖田さんが歌ったこの曲は、本編とごく自然に連動していて、なおかつ『カムイ外伝』から離れても、1つの楽曲として美しく成立していると思います」とのコメントを寄せた。

また、倖田は「私にとって初めてのクラシックでしたが、新しい自分に挑戦できればと思い制作しました。歌詞でカムイの孤独や悲しみを乗り越える強さを表現するのが難しかったのですが、監督から映画に込めたお気持ちをメッセージで読ませて頂いて、映像を見ながら書き上げました。孤独や困難を感じている方に、光を感じてもらえるような曲になればうれしいです」と、曲に込めた思いを語った。同曲は今秋発売予定。
[eiga.com 映画ニュース] 


シネマトゥデイの記事はここから


中日スポーツの記事はここから

ーーーーん、クラシックのアレンジかぁ。
私はクラシック音楽が大好きで、自ら楽器の演奏をしたりもするので、
若干クラシックにはうるさいのです(笑)
クラシックをポップス調にアレンジした曲って、
よく、お店やテレビ番組で流れているけれど、どうもイージーリスニングみたいに
なっていることが多くて、しばしば違和感を感じてしまうんですよね。

歌も、ジュピターとか、すごい流行りましたけれど、ホルストの『木星』が死ぬほど名曲なので、
なんか、軽いし!!こういうんじゃないし!!!
…などと、ジュピターをどこかで耳にするたびに、心の中で叫んでいました(ファンの方申し訳ありません)

なので、カムイの主題歌が「わたしを泣かせてください」をもとにした歌、というのは
複雑な心境です。
声楽を習っていたこともあるので、この曲を、実際歌ったこともあるし、
とても好きな曲なので、原曲のよさが損なわれることになったら悲しいな・・・とか心配になってしまって。

でも、崔監督が、沖縄での過酷なロケ中に、しかも深夜に、
この曲を、カムイに対する「救い」のように思い浮かべ、「こういう世界もカムイにありうる」
と感じた、というのは興味深い話です。
「私を泣かせてください」の持つ静謐なメンタリティが、カムイにも秘められているのではないかと
期待させるようなエピソードではないですか。
(もし、そうだとしだら、『カムイ外伝』はアクション映画の常識を打ち破るような作品であるに違いないのです)

あ、原曲を、
とにかく聴いてみて下さい。
映画『アマルフィ 女神の報酬』で主題歌「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」を歌う、
世界の歌姫、サラ・ブライトマンの美声をとくとご堪能あれーーー!!

原曲「私を泣かせてください」ここから


心の奥に優しい振動をもたらすような、透明で美しいメロディーだと思いませんか?

今回、倖田さんが自ら作詞なさるということですが、
原曲の歌詞(もとはイタリア語)の邦訳はこんな感じです

奈落の力をもった情知らずのアルミーダは
懐かしい喜びの天上から私を奪い去り、
ここで、永遠の苦しみをもった
地獄の責め苦の中に私を生きたまま閉じ籠めている。
主よ、ああ、どうか私を泣かせてください。

過酷な運命に涙し、
自由に憧れることをお許しください。
私の苦しみに対する憐れみだけによって
苦悩がこの鎖を打ち毀してくれますように。


この歌詞って、カムイに、びっくりするほどぴったりだと思いません?

カムイは江戸時代の厳しい身分社会の底辺に生まれ、
力を求めて忍になるが、掟に縛られる生き方に嫌気がさして
抜け忍となる。だが執拗な追っ手に狙われ続け、
心休まるときなど一瞬たりともない地獄のような世界で
人間として生きることを切望し、戦い続ける。

ヘンデルのアリアとカムイ。
一見全く遠そうなこのふたつが、言葉によって繋がりを持つ。

そして、音楽でも、繋がっていくのかな?
主題歌「Alive」は秋発売予定。
どんな曲なのか、楽しみにしてましょう。
[PR]
by sora10305 | 2009-06-26 02:53 | 松山ケンイチ