かなでと申します。松山ケンイチとオリジナル小説のブログです。要するに日々の萌えについて綴ってます。メールはkenkenken10305あっとまーくyahoo.co.jpまでお気軽にどーぞ☆


by sora10305
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ウルトラミラクルラブストーリー大ヒット御礼舞台挨拶①

かなでによるイベント参加報告です。

文中に、「おはよう日本」の松山さんの動画もありますよ!!
松山ケンイチ主演映画、『ウルトラミラクルラブストーリー』が
2009年6月6日より公開されましたが、全国26劇場のみでの上映にも関わらず、
興行成績ランキング第10位にランクイン、と、大ヒット中!!です。
そこで、急遽、6月20日に大ヒット御礼舞台挨拶がシネマート新宿にて
執り行われることとなりました。
抽選で5名様に、映画の中で陽人が刈ったお米をプレゼントしちゃいます、という催しもあり。
座席番号で抽選を行い、会場で直接お米を松山さんから手渡しされるようです。

松山さんは『ノルウェイの森』の撮影等でお忙しいでしょうに、
わざわざ映画館に足を運んでくださるのです。
これに行かずしてどうする!!!というわけで行ってきました!!
以下、その様子をつらつらと書いていきます。
長いですが、もし興味があればお付き合いくださいませ。




松山ケンイチ主演映画、『ウルトラミラクルラブストーリー』が
2009年6月6日より公開されましたが、全国26劇場のみでの上映にも関わらず、
興行成績ランキング第10位にランクイン、と、大ヒット中!!です。
そこで、急遽、6月20日に大ヒット御礼舞台挨拶がシネマート新宿にて
執り行われることとなりました。
抽選で5名様に、映画の中で陽人が刈ったお米をプレゼントしちゃいます、という催しもあり。
座席番号で抽選を行い、会場で直接お米を松山さんから手渡しされるようです。

松山さんは『ノルウェイの森』の撮影等でお忙しいでしょうに、
わざわざ映画館に足を運んでくださるのです。
これに行かずしてどうする!!!というわけで行ってきました!!
以下、その様子をつらつらと書いていきます。
長いですが、もし興味があればお付き合いくださいませ。
<おことわり>
・当然ですが録音はできないので、メモというアナログ作業での記録のため、発言を忠実には再現できていません。実際にしゃべった内容とは違う部分も多々あると思います。すみませんがご了承の上お読みください。

・大変残念なことに、余裕がなくて、横浜監督の発言が記録できませんでしたので、主に松山さんの発言のみの紹介となります。監督、申し訳ございません・・・。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
午前9時50分。シネマート新宿、席数335の、狭くも広くもないシアターに、私は入場しました。
私の席は前から3番目。最前列はプレス席だったので、前から2番目とも言えるでしょうか。
近い。舞台が近い。ですが壇上はかなり高く見上げる感じです。それが
少し残念ともいえました。渋谷ユーロスペースくらいこじんまりしていて段差もないところ
だったらなお良かったのに、とわがままを言ってみる(笑)

司会のやくもふみねさん(初日の舞台挨拶のときと同じ方です)に続き、
松山さんと横浜監督は、舞台向かって右手側よりご登壇されました。
松山さんは黒のスーツと、カラフルな文字が書かれた白いシャツを着ていました。
横浜監督は黒のシックなドレスをお召しになっていました。とてもよくお似合いでした。

松山さんは、ウルミラの舞台挨拶や、宣伝で、いつも殴り書きのような、カラフルな
文字入りのシャツを着ています。ものすごいインパクトなので、
しばしば、司会の方や取材の方、会場のお客さんに「もっとよく見せて下さい」
「どういう意味ですか」と、つっこまれています。
それは純粋な好奇心から、だけでなく、むしろそうすべきなのかと半ば気を使った上での
つっこみだと思うのですが、何故か松山さんはそのシャツの文字について説明したがらないし、
上着を脱いで見せてもくれません。
説明を求められても「今はそういう気分じゃないんで」と、断ったりすることもあります。

つっこみたくてしょうがないのに、つっこませてもらえない、恒例の文字入りシャツなのでした。
多分舞台挨拶ファイナルとなる今回の文字は
あ(青)り(緑)が(赤)と(黒)う(黄色)
でした。
こっから画像もみれます

あと髪型なんですが、すっごいはりきってぺったんこに撫で付けたみたいな、まるで顔に貼り付いているかのような・・・(もとはテンパなはず・・・)
これって『ノルウェイの森』の主人公、ワタナベver.なんですよね。
NHKの「おはよう日本」で『ノルウェイの森』メイキングの様子が放映されたため、判明したんですが。
あ、気になりますよね、まだの方、みたいですよね、じゃあ、みせちゃいます♪
NHKの「おはよう日本」より、ワタナベなケンさん↓

でも今日のは、前髪が下方向に撫でつけられていました。(初日舞台挨拶のときは斜めに流れていたので、そのとき一緒に登壇された、共演の麻生久美子さんに「花輪くんみたい」と言われていました。)
今日の髪型で特筆すべきなのは、もみあげが微妙な長さだったこと。しかも、向かって左側の方が、ぴよっ、て不自然な方向にはね気味な気がして、そこが結構気になりました(笑)
ご本人ももみあげを無意識のうちに気にしているのか、話ながら触ったりしてました。
そんな松山さんのもみあげ、さっき上の方に貼ってあるリンクにある写真で
チェックできてなかったら、もっかいたしかめてきてね。

まず松山さんからひとこと
「はい、おはようございます。あのー、今日は来て下さってありがとうございます。
あ、なんか、大ヒットしたって言われて、公開後も、舞台挨拶ができることを、あの、
うれしく、幸せに思っています。」
ご存知の方には「あ、いつもの」と思ってもらえるでしょうが、

話をふられて、「はい」と律儀に返事をしたり、「あのー」とか「なんか」を連発したり、
のっけから松山さんらしさ全開です。
あと、顎を触ったり、ロボットみたいな直立不動姿勢で立ってたり、そのあたりもいつものとおりです。
ただ、今回は大ヒット御礼の舞台挨拶のため、終始リラックスした表情で笑顔も多く、何やら楽しげに横浜監督に話しかけたりしていました、ええそれはもう、松山さんも、楽しそうなご様子でしたよ。
見てる方も幸せになりましたとも。

やくもさん「今日プレゼントするお米も、松山さん自身が、刈ったものなのですよね」

松山さん「はい、あの、モツ役の渡辺美佐子さんと、あの、僕が、あの、刈ったやつなんですけど、
僕もまだ食べてないです」

やくもさん「実際、農業をやってみてどうでしたか?」

松山さん「キャベツ畑に芋虫とかいて、取ったりとかしてたんですけど、こういうことってなかなかできないことなので、野菜を持ってお芝居をすること自体がないので、とても新鮮でした。ちょうど、
土をいじりたいと思っていて、東京に住んでるとそういう機会ってないですから、あの、土の中にも
入りましたし(ここで会場から笑い声)この映画でそこまでできるとは思っていなかったので、
とても満足しています。」

(芋虫→青虫?と密かにつっこんでいましたが、どっちでも同じですかね。)

やくもさん「実際、土の中に埋まってみてどうでしたか?」

松山さん「身動きできないことがどれだけ辛いか、ということがよくわかりました。実際、悪ガキがいたら、いたずらされることに、黙って耐えなければならない、それがどれだけ辛いかがわかりました。」
「実家の家族が野菜とか果物を育てていたので、手伝ったりしたこともあるんですが、やっぱりおもしろいし、すっきりします。いい汗をかくし、地元に戻ったときには、機会があればまた手伝いたいです。
一生こうやって土をいじっていたいですね」
「一生こうやって土をいじっていたいですね」に対し、日刊スポーツさんが「ガーデニングへの熱い思いを吐露した」と書いていて、プッと吹き出してしまいました。
私的には「おお、さすが自然児松山さん。なまりは直しません宣言とか、東京に住んでもう長いのに、まだ、東京には遊びに来ている感覚、とインタビューでたまにおっしゃっていることからもよくわかるように、根っこは故郷の青森にあって、東京の人工的、非人間的な空気には染まらないという意志の表れが、このような発言につながるのですね」と感動していたのですが。
単純に、ガーデニング大好き発言みたいに思われてるし(笑)

そして、横浜監督のお言葉に続くのですが、ちゃんとメモできていなかったため、内容の紹介のみに留めます。お米についての質問を受け概ね次のようなお話をされました。

撮影で使った米は親戚のもので、撮影の為に米を犠牲にしてもらえるのだろうか、と、心配だったのですが、実際、快く使わせてもらえました。また、自然のものなので、撮影のタイミングを合わせるのが非常に難しかったですが、そのあたりも上手くいって、いちばん美しい時期に撮影することができました。

あと
「青森の米はうまい」
とおっしゃっていたのが非常に印象的でした。監督の確固たる郷土愛、かっこいい、とすら感じました。
横で松山さんがうんうん、と首肯してらしたのも、可愛かったです。ふふふ。

さてさて、これから、待ちに待った(?)お米抽選会に入るのですが、記事が長くなりすぎるので、いったんここで切って続きは②と題した別記事にて紹介したいと思います。
あ、当方はあえなく抽選に外れ、お米はいただいておりませんが、その分松山さんの行動に仔細につっこみを入れる余裕があったので、もう報告したことだらけなのです。松山さんの〆のお言葉と、プレスによる写真撮影の様子なんかもありますので、引き続き②の方も是非見てください。

ちなみに、お米抽選会で、松山さん的にショックなことが起こります。彼はそのことを〆の挨拶まで引きずるのですが、②を読むとその辺が明らかになります。楽しみにしていてくださいね。
[PR]
by sora10305 | 2009-06-22 23:55 | イベント報告